コンクリート劣化補修・ひび割れ接着剤注入

株式会社 リードック

自動式低圧エポキシ樹脂注入工法

自動式低圧エポキシ樹脂注入工法

ひび割れによって分断された部分をエポキシ樹脂によって接着固定し構造一体化を図る。
また、コンクリート構造物の中に存在する鉄筋をエポキシ樹脂にて被覆コーティングし鉄筋の腐食を防ぐ。
(将来鉄筋爆裂状態の進行を防ぐ)

アンカーピンニング全面エポキシ樹脂注入工法

アンカーピンニング全面エポキシ樹脂注入工法

モルタル面の浮き部にアンカーピンとエポキシ樹脂で固定し、且つ、残存浮き部分全面にエポキシ樹脂を注入し
浮き部分全体をモルタルとコンクリートに接着させて構造一体化を図り漏水と落下を防止する場合に適用する。

エポキシ樹脂モルタル充填工法

エポキシ樹脂モルタル充填工法

構造耐久に関連しないコンクリート面からの欠損部中に鉄筋に錆が発生して露出し爆裂状態の劣化部分に防錆処理を施した後、エポキシ樹脂モルタルを充填または塗りつける場合に適用する。

注入口付アンカーピンニングエポキシ樹脂タイル固定工法

注入口付アンカーピンニングエポキシ樹脂タイル固定工法

タイル表面に直接穴をあけ、注入口付アンカーピンを挿入し、さらにエポキシ樹脂を注入して固定し
タイルの剥落を防止します。

特殊アクリル樹脂系塗膜防水・保護工法

特殊アクリル樹脂系塗膜防水・保護工法

耐久性に優れた特殊アクリル樹脂の「透明塗膜」で、外観を損なわずに長期にわたって建物を保護します。
また、中に入った透明短繊維がタイル等の剥落防止にも効果を発揮します。